ピーチをつかって国内旅行にいってみよう!

座席は狭いけど細身の人なら楽勝

早朝や深夜は人気ないから安くなる / 座席は狭いけど細身の人なら楽勝 / 子供やお年寄りより若者向け

旅行当日となりました。
朝は恐ろしく早い時間に起きられないしどうせ混むだろうということから昼の時間帯に予約していたので搭乗1時間半くらい前に空港へ。
心配なので先に自動チケット発券機でチケットを取り出し、時間までお土産品を見ることに。
こういう時に空港で時間をつぶせるので飛行機に乗らないときでも空港で遊ぶのは好きです。
さて、搭乗時間も迫ってきているのでチェックインすることになりました。
今回は国内旅行なので搭乗から出発は早いものかと思っていましたが、チェックインカウンターを超えて飛行機にたどり着くまでが遠い。
預けられる手荷物も制限があるので基本的に自分で持ち運びするのですが、張り切っていろいろ持っていくとここで心折れそうになるくらい移動距離が長いと感じました。
LCCはコスト面をとことん抑えているので発着場から飛行機が遠いのですがそれがつらかった。
機内に入るとそれぞれが自分の席上に荷物を押し込んでから着席。
筆者は体格が大きいので幅が狭いと単純に思いました。
あと前の席の背もたれが近い。
なんとか体をねじ込むようにして着席しましたが、同行者は身体が細身だったので前後の間隔が狭いことは気にしていましたね。